顧客はどのようにつくられるのか?

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

いやはやネットショップ運営をしてて、過去最大のピンチを迎えました

なんとこれまで高評価を得てきたのに、初めて顧客から最低な評価を頂いてしまったのです。

「届いた商品が思ったより小さいと!」「これじゃ詐欺だ!」とまで言われてしまい・・・

とうもろこしのご注文だったのですが、全長だけではなく、粒の大きさや太さも見てLサイズと判断しているのですが、お客様個人の感覚によってはやはり小さいと思ってしまう事もあることでしょうねぇ。。

ネットショップにおいて、食品と言うジャンルは本当に難しいものだと実感する昨日でした

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。

顧客はどのように作られるのか

売上高=顧客数×販売単価

売上は顧客数に販売単価を掛け合わせたものによって導かれる。では、顧客はどのように獲得するべきであろう。

販売活動は顧客作りから始まるため、自分の顧客をいかに多く集めることができるかを考えなければならない。

量販店のように顧客から購買欲求を抱いて訪問してくれる場合は、顧客との接点を作ることができる。

つまり、来店したお客様に数多くの声を掛け、販売活動を行なうことで売上を上げることができる。

しかし、初めての販売活動は声をかけることに恐怖感があり、お客様の反応を客観的に分析するほどの余裕はない。

これが営業や販売という仕事の難しいところであるが、ここに勇気が必要である。

つまり、慣れるための勇気が販売活動の面白さでもある。同時に、売れたという事実に対する喜びを感じるからこそ、販売活動の面白さを味わうことができる。

例えば、営業職の中でも難しいといわれる保険や自動車の営業マンや営業レディは何故、営業という職業を続けることができるのだろう。

それはお客様が買ってくれたという喜びと同時に、お客様が満足していただいたという納得感からもたらされる。

営業や販売という職業は、契約成立における相互の納得感や満足感からモチベーションを持続させることができる。

これなくして、販売活動を継続することはできない。

そして、これからのお客様満足度を向上させていくことで自らの顧客が必然的に作られていく。

同時に、顧客との接点における情報が顧客の属性を把握でき、顧客リストとなって顧客が一人ひとり増えていく。

顧客を作ることは営業や販売という職業において最も難しいことであるが、一人の顧客を満足できることができたなら、この職業から離れられなくなる。kom

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中