定性データの収集と感性の磨き方

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

定性データの収集と感性の磨き方

定性データとは具体的にどんなことがあるのでしょう。

営業活動を行なっていると様々な情報が入ってきます。

その際に重要なことが「アンテナを高く」しておく姿勢です。

情報は人によって入力の仕方が違い、脳みそに蓄積できる量や質も違ってくるわけです。

したがって、収集した定性情報を活かして戦略に活用することは人が介在する限り、大きな格差となる場合が多いわけです。

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

これが、営業における感性というものです。

「感性」

この言葉は営業やマーケティングを行なうものにとって重い意味を持ちます。

その理由は、この感性の感度によって収集する情報の量と質が違うからです。

つまり、同じシチュエーションで商談をしたとしても、ある人は100%の情報を収集したのに対し、ある人は80%だったとしたら、この温度差はどのように変わっていくのでしょう。

また、ある企業は100%の情報を収集したのに対し、自社は80%しか収集できなかったとしたら、その案件に対する最適な提案はどちらが優位でしょう。

これらの情報は人が介在して成り立つものであり、その人の感度の高さが適切な情報としてビジネスに活かされるわけです。

それが「感性」というものなのです。

では、定性的データとはどういうものでしょう。

取引先の問題点や課題
市場全体の動向
業界の動向
競合企業の戦略や施策

以上のように、様々な情報が転がっているといっていいでしょう。

それらの情報を瞬時に捉え、自社の戦略や営業施策に活かすことが営業に求められるものなのです。

それが感性というもので伝達されるわけですが、その感性のスキルを上げることが営業に求められるのです。kom

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中