日ハム野球からマーケティングを考える!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

日ハム野球からマーケティングを考える!

4年に一度のロンドンオリンピックが終わり、そして夏の甲子園も終わると、やっとプロ野球に集中できるんですね~

オリンピックが行なわれていた期間はどうしてもオリンピックの話題が優先するわけでプロ野球は二の次になっていたのです。

でも、プロ野球は佳境を迎え、特にパリーグがオモシロイ状態になっています。
わずかなゲーム差の中に5チームが団子になっているわけで、これから1試合ごとに目が離せないのではないでしょうか。

そんな中で、我が日本ハムファイターズはよ~く戦っていると思います。
ダルビッシュという大黒柱がメジャーに移籍したにもかかわらず首位を走ってきたのですから~

地元の人さえ、今シーズンはここまで戦えるとは思っていなかったのではないでしょうか。
その要因について考えてみます。

日本ハムファイターズというチームは札幌へ本拠地を変えてから10年になりますが、この期間においてBクラスは3度だけです。

ですから、常に優勝争いしているチームといえます。
その要因は「札幌への本拠地移管」にあります。

もっと具体的に言うと、ファンが後押しするからあきらめない野球に徹することでチーム力が上がったといえます。

そのチーム力は個人のスキルを磨いた結果であり、ある著名なチームのように大型補強によってチームを作ったわけではないわけです。

つまり、今年の中田や吉川のように新人を育て、賢介や糸井のように主力を育てるわけで、それがチーム力になっています。

また、ベテランたちがコーチとともに主力を育てていくために大きな影響を与えています。
それが稲葉であり、金子であり、そして武田勝はピッチャー陣のモチベーションを上げていると思います。

そのチーム力が少しずつ上がっていくことにファンは魅了するんですね~
つまり、若い人たちが育つことに喜びを感じ、それは応援する姿勢に表れるわけです。

特に、おばちゃまと言われる女性ファン層の応援はすごいものがあると感じます。
また、その応援が選手たちを奮い立たせ、成長する原動力になっているのです。

これらはすべて日本ハムファイターズのマーケティング戦略にあります。
札幌へ本拠地を移管する際、この意思決定は「大きなギャンブル」だったはずです。

そのギャンブルに勝つために「マーケティングが必要」だったわけです。
その戦略が時間とともに機能し、強烈なファンを作り、そのファンの後押しで選手のスキルを磨き、そして常に優勝を争うチーム力へ変わっていったのです。

そんなチームこそ、応援のし甲斐がある!と思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です