驚異的な売上を上げていった成功事例「箱館物語」からマーケティングを考える!④

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

驚異的な売上を上げていった成功事例「箱館物語」からマーケティングを考える!④

昨日までは函館の市場(土地柄) 函館営業所の人材について語ってきました。

今日は、k氏はどんな営業活動を行なったか!?
お待たせしました!いよいよ営業活動本番ネタです!!

既存店についてはリーダーであるT氏を中心に、4人の営業マンにできるだけ権限を委譲する体制をとり、「自由にやれ!」と指示したのである。

その上で、k氏自身も既存店へ定期的な訪問を行なった。

また、事業戦略の一つである「他系列店の攻略」はマネージャーであるk氏自身のミッションとした。

なぜなら新規店を含めた他系列攻略は、営業経験やある営業感性を必要とするからでありk氏自身が動かなければいけなかった。

新規店に企業ブランドを熟知させ、事業コンセプトや商品特性を理解して頂くには、ある営業経験が必要不可欠であるからだ。

新規店にはそれらを率直に話し、理解していただけなければ契約しても意味が無い!

また、函館が新転地であったk氏は担当全域の電気店のロケーションや市場を把握する為に、未取引店を中心に全店舗にも顔を出して回った。

その中から、感度の良い他系列店に目星を付けていった。

check「感度の良い」とは表現が難しいが、k氏の目利きに適った電気店である。
これは過去の経験から培われた感性である。

具体的には、店舗そのものの大きさや立地は判断材料にならない。
つまり、「経営者のビジョンが明確」が一番の優先順位であるのだ。

その次に、総月商の大きさや経営者の人柄が条件となる。

これらが組み合わされると「アタック!」

「アタック」と言っても、新規の契約を即効的にできることは稀中の稀であるため、じっくりと時間をかけるのだ。

そして、3ヶ月から6ヶ月は定期訪問を重ね訪問の際に、必ず新たな提案や気付きとなる情報を持っていく。

つまり、表敬訪問ではなく、ビジネスとしての取引を前提に契約することで相互にメリットが感じられることがk氏の考える契約条件だ。

その裏には、契約後に大きな売上を上げることが目的であり小さな売上やただ契約だけするなら、契約しないほうが良い!

最終目的は、契約したことにより相互が業績に貢献する契約で無ければ意味が無い!ということだ。

そんな目的を持ちながら、2ヶ月ほどで函館市内の店舗を全店訪問したのである。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です