資金力をマーケティングにどのように繋げていくか?!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

昨日は、サミット真っ只中で札幌は警備の警官だらけ! あっちもこっちも警察警察警察!!

何にも悪い事してないのに、ちょっと嫌な気分なのは私だけでしょうか

今、札幌は日本一治安が良いですよ?

今日も応援宜しくお願いします ぽちっ
人気ブログランキングへ

さて、本題です。

企業経営もマーケティングも、最低の資金力及び投資が必要ですね。

最低限と言ってもピンキリの世界ですが、販売目標(計画)に対してその計画を達成させるための最低の販促費は、予算として計上するべきです。

例えば、

ただ端に、「今期の販売目標は1000万円」と提示しても、営業マンがそれをやり切る要素は「足と汗」のみでは、マーケティングは育たない!わけです。

顧客へアプローチする場合、チラシやリーフレット、DMや企画書など、お客様が納得できる、また企業の付加価値を明確に伝えるものが必要ですね。

その際に重要なのが、ナニが必要なのか?!が明確であるかがマーケティングです。^ー^b

営業部隊は会社が作ったもの、与えられた情報を伝言ゲームのようにお客様に配布しながら、説明するのでは、真の情報を伝えるというものにはならないのです。( ̄へ  ̄ ;

つまり、顧客や市場と常に接している営業マンこそ、顧客のニーズを知っているわけですから、営業マンが必要なツールを考え、作りこみ、顧客が満足するであろうモノを持ってアプローチしていくことが

生きた情報となり、営業ツールとなるわけです。

企業や組織から与えられたツールを配布することは誰にでもできるアクションであり、アクションを機能的にするためにも、営業最前線で戦う営業マンから顧客にとって最適なツールを開発させることでしょう。

そのためには、最低の資金力とその資金を有効活用したツールを開発する。

私はセミナーの中で「マーケティングの目的には3つがある」と言い続けてきています。

ブログでも何回も書いてきましたが、もう一度確認しましょう。

1.お客様に買ってもらうために!

2.お客様の満足を提供するために!

3.最小のコストで最大の効果を得るために!

本テーマの「資金力をマーケティングにどのように繋げていくか?!」は、

3つ目の『最小のコストで最大の効果を得るために!』に直結するものです。d(⌒ー⌒)

マーケティングはお客様に買ってもらうための仕組みですが、そのためには最低の資金力が必要です。

そして、その資金を有効に活用して収益を向上させる。

これこそ、『最小のコストで最大の効果を得るために!』に連動されるわけです。

お金は有限であり、大企業においても中小企業においても湯水の如く使えるものではありません。

よく、「大企業だから、TV-CMが打てる!」とか、「優秀な人材を確保できる!」ということになりがちですが、私は決してそうではないと言い切りたい!(;`O´)o

組織においてマーケティングを機能させていく一つの要因は、

経営者やリーダーが描いた事業戦略に則って強力なリーダーシップを発揮し、先行投資していく気概」が必要と思うのです。

今日も最後までありがとうございました 応援宜しくお願いします。ぽち
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中