GS「ザ・キッパーズ」のバンドマスター逝去の記事から25年前の我が姿を思い出す!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

25年も前の話だ。

40歳の時に札幌へ転勤となり、昼はマジメに仕事しながら、夜はススキノ族になって24時間戦っていた時代があった。

当時はブラック企業などという言葉がなく、好きな仕事を思う存分徹底的に楽しみながら進めることができた。

そのうえで、5時から男ではなく、8時だろうが、10時だろうが、それからススキノへ直行。

仕事も遊びもトコトン・・・

そして、翌日はスッキリして出社する毎日だった。

その際、ススキノへ通った店がある。

それが「キッパーズ」であり、グループサウンズやオールディーズを聴かせてくれる店だった。

この店は上司であり、先輩に連れられて行ったのだが、リクエストする曲をその場で演奏してくれる喜びはお酒をおいしくしてくれたものだ!

そのキッパーズのバンドマスターである「渡辺弘康さん」が先月ご逝去されたという記事を見た。

その記事を観ながら、25年前当時のことを思い出す。

当時は自信家でパワーがあり、仕事も遊びもトコトン勝負の毎日を送っていた。

キッパーズへ通うことも一つのパワーになっていたのだろう。

キッパーズの店は昨年末で閉店したとのことだが、店内の風景を思い出し、演奏する曲までも耳に付いてくる。

もう一度聞きたかったな~と思うが、これも人生だな~と。

今はキッパーズで聴き慣れたオールディーズをステレオで聴く毎日。

ありがとう!キッパーズ。

お世話になりました。バンマス。

キッパーズの演奏は常に心の中で響いています。

1996年6月19日 キッパーズのボーカルであった彼女がお気に入りだった。

当時は携帯電話の始まりで黒電話のように大きかったことを思い出す。

それにしても若い!ギンギン時代。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です