2019年のプライベート目標は唯一の趣味のスキルアップ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

私は2月を迎えると65歳!

まだまだ若いと思いつつ、65歳という年齢を直視すると人生のエンディングに対してどのように有意義な日々を送るかを真剣に考えるものです。

 事業の今後の進め方。
 公私ともに、持ち物の整理。
 そして、悔いのない生き方。

それが「終活」という言葉に置き換えられるのでしょうが、同時に悔いのない生き方が大切だなーと思うのです。

私にとってはその選択と決断の一つが51歳で前職を退職することであり、そして第二の人生を築き上げるために起業したわけです。

そのため、計画に沿って確実に実行してきたわけです。
その中で、実現できなかったことが多々ある中、想定外の成果もあって総合的に分析すると退職の決断、そしてその後の生き方や事業の進め方は最良だったと思うのです。

そして、65歳以降はどのように生きていくかと考えると、プライベートなことでやり切りたいと思えることがあるのです。

その物差しは私自身の納得度であり、もっと満足したうえで納得したものを体験してみたいと思うのです。

それは「ゴルフ」という唯一の趣味なのです。

ゴルフというスポーツはプロ選手でも納得を得られるものではなく、技術を追求していくと奥深いものであることを理解しつつ、「自分なりにやり遂げた!」と思える満足度を感じてみたい。

また、ゴルフに限らずスポーツは体が資本であり、体が動くうちに自分なりの納得度、そして満足度を感じることができれば本望と思うのです。

このような欲求が鮮明になった理由は現在の環境にあり、プライベートを楽しめる余裕を以前より持てるようになったからです。

写真は北海道のゴルフ月刊誌「Golf Mode」ですが、このゴルフ雑誌に毎月、そして十数年間も連載してきたコーナーに「熱血!酒井塾」があり、私はこの酒井塾に在籍しているのです。

今年、酒井塾は開塾20周年を迎える中、私の在籍期間は17年ほどになるのですが、前職を退職後10年ほどは登録だけだったのです。

その期間は登録を抹消されることもなく、塾長から「ゴルフはいつまでも待ってくれるから、今を頑張れ!」と言われて、今があるわけです。

そして、昨年からやっとゴルフを心から楽しめる環境が整い、毎週日曜日はゴルフに集中できる時間にしているのです。

その昨年の成果はGolf Mode 2019年1月号の酒井塾の記事です。

酒井塾の塾生は総勢50名弱であり、その中で私は特に下手くそで自分のスイング、プレイ、そしてスコアに納得できなかったわけです。

そこで、昨年からゴルフに集中するとちょっと効果があったのか。
酒井塾での成績が上がり、ゴルフというスポーツに出会った20代の時を思い出して人生の最後に思いっきりゴルフを楽しもうという情熱が湧いてきたわけです。

人生における悔いのない生き方とは人それぞれに違うわけですが、私なりの生き様を整理し、これからの短い人生の中で何を成し遂げるか。

事業とともに、プライベートも当然ながら計画を組んで進めることで自己満足を得ることができ、それが納得できる生き方になるのだろうと考えるのです。

そのため、今年は目標達成に向けて計画を組み、唯一の趣味であるゴルフというスポーツを楽しんでみたいと思うのです。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です