スキルを上げていくための手法

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

スキルを上げていくための手法

あらゆる業種においてスキルを上げていくことは難しいことです。

今日は保険会社の2年生が来社していきました。

この子は女性でして、大学はデザイン科を卒業したにもかかわらず、営業職を選択したのです。

この選択は「間違っていない!」と感じるのです。

その理由は「素直に聞く」という姿勢にあります。

新人の時ほど、人の話を素直に聞く姿勢が大切です。そして、その教えを自分の仕事や行動に置き換えてみる。

すると、見えなかったものが見えたりします。

また、彼女は「不安な現状を表現する」ことができます。

この感性はいつも仕事のことを考えていたり、悩ましく思っているから表現できるのでしょう。

だから、話を聞きたいと思うのかもしれません。

これが成長させてくれる源泉です。

悩まずして解決の糸口は見えず、その悩みを解決しようとするから、不安な現状を表現し、そして人の話を聞こうという姿勢になる。

この姿は新人営業にとって大切なことです。

我が社の新入社員も同じことが言えます。

先月から始めた彼女が責任を持った仕事は今月が第2号として作り込んでいます。

そのサポートはdaiなのですが、「daiさん、教えてください」と可愛い声が聞こえるのです。

このキャッチボールが始まると、「シメタ!」ものです。

そして、第2号の出来栄えは「凄い!」ことになっているのです。

自力で作り上げたものよりも「プロ級」なのです。

スキルを上げていくことは新人時ほど簡単なものではありません。

そのための「ショートカット」はあり得ません。というよりも、新人の時ほど「急がば回れ」という考えが重要です。

そして、3年もすると必然的に「ショートカット」が見えてきます。

それを見るには「新人の時に苦労する」ことです。

保険会社のセールスレディ、そして我が社に新人から学んだ昨日の出来事でした。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中