松下幸之助 成功の金言 『塩の辛さ』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言 『塩の辛さ』

 大成功や大失敗だけが人生における体験ではない。平穏な日々の中でも、心の持ち方いかんでは、大いに体験を積むことができる。

 よく「百聞は一見にしかず」といいます。あることやあるものについて、人から百回話を聞くよりも、一回そのものを実際に見たほうがよくわかるというほどの意味でしょう。確かにそのとおりだと思いますが、世の中にはいくらそのものを見たからといっても、その本質を簡単にはつかめないといった場合もあります。

 たとえば、塩を見れば、“ああ、塩というのは白いもので、こんな感じのものなんだ”ということがわかります。しかし、塩の辛さといったものは、いくら頭で考えたり、目で見たりしてもわかるものではないでしょう。まず、自分でひと口なめてみる。頭で考えるのではなく、みずから味わってはじめて塩というものがわかる。そのように体験を通してはじめてものの本質をつかみ、理解することができるという場合が、世の中には少なくありません。

 いわば“百聞百見は一験にしかず”ということも、ある場合にはいえると思うのです。

【私見】

“百聞百見は一験にしかず”

まさしく、この通りと思います。

百聞よりも一見、一見よりも一験ということなのです。

つまり、能書きや見たことよりも体験することでその実態や本質を知ることができるのです。

ですから、まずはやってみる!という考えが大切であり、その上で研究したり、分析することでその仕組みや手法を覚えるところに仕事の面白さがあるのです。

そこには「挑む」という姿勢が常に必要であり、その意欲が仕事を覚えるスピードとクオリティを上げることができると思います。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です