ワールドカップジャンプを観戦しながら「わずかな風の影響度がいかに大きいか」を感じつつ、マーケティングの実践同様に「市場の風と実行のタイミング」の共通性を実感!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

1月はジャンプのワールドカップがあり、大倉山へ行ってきたのです。

大倉山は2年ぶりだったのですが、その時もワールドカップ!

ジャンプは一度体験すると「観てみたい!」と思うんですねー

しかも、今年は高梨沙羅選手などの女子も大倉山で飛ぶとのこと。
また、男子は現在世界トップの実績を誇る小林陵侑選手のジャンプに興味があったのです。

女子も男子も大会当日は寒さが当然にありがながらも天気が良く、体感的には微量の風が吹く絶好のジャンプ日和だったのです。

それにしてもこの山のてっぺんから直滑降で滑り、しかも途中で大きなジャンプ台から飛んでくるとは人間業ではないと思うのです。

それをいとも簡単に、しかも女の子でさえも世界大会が行われるようになったのです。

数十年前の小学生時代にジャンプを飛んでいたことを思い出しますが、大倉山のジャンプ台を見ると恐怖しか感じないのです。

ランディング地点を横から見ると、その傾斜の大きさを感じます。
普通の人はここを直滑降で滑るだけでもスピード感に耐えられないと思うのです。

大倉山は札幌の市街地を観ることができ、観光名所でもあるのですが、この場所に来るとジャンプという競技の偉大さと醍醐味を感じるのです。

そんな中、競技を観ていると風が大きく左右するスポーツであることが良くわかります。

大会は実況の案内があり、選手が飛ぶたびに「ウインドファクター」という言葉が案内されるのです。

ウインドファクターとは「有利な向かい風はマイナス、不利な追い風はプラス」に加点されて成績点数に反映されるのです。

このウインドファクターが選手に大きく影響するのは言うまでもないわけですが、その風の量がわずかな中で計測され、そしてジャンプそのものに影響するのです。

しかも、そのウインドファクターは複数の風速計が設置され、それぞれの風量を元に計算されるわけです。

例えば、ジャンプ台の踏切位置、飛んでいる中間地点、そして着地点ではそれぞれに風量が違うため、風速計を設置してウインドファクターとして成績点数に反映させるのです。

私が観戦していた場所の風量が体感的にほとんど感じない中でも、案内されるウインドファクターは大きな数値なものがあり、それによって選手の飛距離に影響することを実感するとジャンプという競技の面白さがより理解できます。

それはジャンプ競技が向かい風による浮力によって飛ぶスポーツだからです。

特に、大きなジャンプ台になればなるほど風の影響を受け、選手個々の飛距離が変わるわけです。

そのため、ジャンプ競技は競技者としての技量が当然に必要ですが、風の浮力を受ける「運」も重要な要素だなーと感じるのです。

そんなことを考えると、ビジネスも同じだなーと思うんですねー

ビジネスもジャンプ同様に「市場の風がフォローなのか、またはアゲインストなのか」を分析し、その検証結果を元に実行のタイミングを図るわけです。

この分析が戦略に活かされることで成功の確率を上げることができるのです。

そこで、ジャンプと違うことは風の向きです。

ジャンプは向かい風、ビジネスはフォローの風が武器となり、しかもジャンプは選手が選択できるものではなくルールの中でスタートしなければならないわけです。

つまり、「運」任せの要素が強いと言え、そこがジャンプという競技の面白さなのかもしれません。

ところが、ビジネスはファローの風の市場環境を自ら選択できるわけで、「ジャンプは運」であるなら、「ビジネスは賭け」と言えるかもしれません。

それはビジネスが自分の分析で意思決定し、その結果は風以外の要素を含んで得られるわけで自分自身次第だからです。

ビジネスはその一つの要素に「風を読む」という重要性があるのです。

そのうえで、ジャンプ同様にスタート時は小さな風であったとしても突然にその風が強くなることもあり、風というものの重要を再認識するのです。

それにしても、真冬の屋外競技を見るために2時間以上も立ちんぼ応援することは勇気が必要と思うでしょうが、ジャンプ競技を見ると「寒さがぶっ飛び!もう一度見たい!」と思えるのです。

是非、皆さんも一度大倉山へ行かれることをお勧めします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です