ドラッカーの金言『知識労働者には自律性と責任が伴う』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言『知識労働者には自律性と責任が伴う』

知識労働者には自律性が必要であるからこそ、彼らに対し、なすべきことと、もたらすべきものを明らかにすることを要求しなければならない。

知識は多様であって、知識労働者のもつ知識もそれぞれ異なる。したがって彼らは、自らが専門とする分野については、誰よりも詳しくなければならない。彼らは知識を持つことによって報酬を得ている。

仕事に取り組むからには、自ら計画を立て、自ら行動しなければならない。知識労働者たる者は、自らの行動計画を組織に提示しなければならない。何に重点を置くか、いかなる成果を期待できるか、それはいつまでに可能か。知識労働者には自律性と責任がともなう。

【私見】

今日の金言は先週に引き続き、知識労働者への責任と役割です。
しかし、この言葉を何度も読むと知識労働者だけではなく、あらゆる社会人や組織人に共通する考え方です。

つまり、重点、成果、期限を含む行動計画を作成し、上司に提示することです。
それが目標であり、自立する手段にもなるわけです。

ですから、知識労働者だけではなく、一般人も同じ考えのもとに仕事することが大切です。

人の成長やスキルアップは仕事によって培われると信じています。
つまり、仕事ができない人は人格も形成できないと思うわけです。

ですから、仕事を通じて人間としての基本を磨くという意識が大切だなーと思います。
また、会社や組織はそのスキルアップをサポートする強力なものです。

そんな意識で仕事するとスキルが磨かれ、組織も活性化していくと思うのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です