ドラッカーの金言 『仕事に落とし込まなければ、目論見にすぎず、プランとはいえない』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『仕事に落とし込まなければ、目論見にすぎず、プランとはいえない』

 有能な人たちが取り組んでくれて、はじめてプランは成果をあげる。そのような取り組みがなければ、口約束と目論見にすぎず、プランはない。仕事のできる者を誰か担当させているかを聞かなければならない。今担当させるわけにはいかない、今日の仕事を終わらせなければならないとの答えが返ってくるのであれば、プランがないことを認めたにすぎない。

 仕事は、責任、期限、評価、フィードバックをともなう。そして何をいかに測定するかが意味ありとすべきことと、なすべきことを規定する。

【私見】

要するに、「仕事とは結果ありき」なのです。

プロ野球などのスポーツにおいても同様に「結果がすべて」であり、そのためにプランを練りながら練習を繰り返して結果を出そうと努力を継続するのです。

その理由は何かと言うと「仕事」だからです。

しかしながら、結果がすべてという目的は明確なのですが、この結果を出すためにはしっかりとしたプランを練り上げることが重要なのです。

要するに、「結果はプランから得られる」からです。

また、スポーツで言うならば、計画した練習を確実に繰り返していくことで基本ができ、野球であればミスが無くなり、安定した打率を残すことができるわけです。

だからこそ、練り上げた精度の高いプランが重要であり、そしてアクションすることです。

そこには必ず一つの結果が生まれることになり、それが成功であれば仕事という評価になり、失敗であれば次の仕事に役立たせていくことです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です