ドラッカーの金言『自らの強みを知り、それをいかに強化するかを知り、かつ自らのできないことを知ることが継続学習の鍵である』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言『自らの強みを知り、それをいかに強化するかを知り、かつ自らのできないことを知ることが継続学習の鍵である』

 イエズス会の司祭とカルヴァン派の牧師は、重要なことを行なうときには期待する成果を書き留めておくことになっていた。そして9か月後、実際の成果と比べなければならなかった。

 そのお蔭で自分は何ができるか、何が強みかを知った。あるいは、何を学ばなければならないか、どのような癖を直さなければならないかを知った。そして、どのような才能に欠けるか、何をできないかを知った。私自身、この方法を50年続けている。

 この方法は自らの強みは何かという、自らについて知るべき最も重要なことを明らかにする。何について改善が必要か、いかなる改善が必要かを明らかにする。さらには、無理なこと、したがって行なおうとしてはならないことを教える。

 まさに、自らの強みを知り、それをいかに強化するかを知り、かつ自らのできないことを知ることが継続学習の鍵である。

【私見】

自分の強みとは何か?!

このことを質問するとキチンと答える人は意外と少ないわけです。

しかしながら、この強みというものをきちんと認識しているとそれが自信となり、自分の絶対的なものとして大切にすることが企業経営上において大きな武器となります。

また、自分の強みを認識したうえで、その強みをより強化していく方法を考えること、かつアクションしていくとより強固な強みを作り上げていくことができます。

つまり、強みこそ最大の防御となるわけで、そのためにもっと強固にしていく工夫を常に行なうことです。

そして、自分自身の強みを客観的に分からない場合はキチンとアドバンスしてくれる人から意見を聞いてみることです。

「自分の強みってどこだろう?!」

第三者が客観的に「あなたの強みはここよ~」なんて言ってもらえたとしたら、それは大きな自信になるでしょう。

そんな人を持っているとこれも一つの強みになるわけで、かつその人は多分最も信頼できる人かもしれません。

その声を冷静に聞けるとしたら、それもあなた自身の強みだと思うのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です