野村克也 人生を勝利に導く金言 『感性の違い』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

一流と二流の違いでまず感じるのは、センスである。持って生まれたかどうかはわからないのだが、少なくとも貧しかったり、苦労したという人は、やはり感性が鋭い。何となく生きてきた人は、どうしても感性が鈍い。

「一流選手になりたい」と強い願望を抱き、夢をもっていれば、自然に完成は鋭くなるものだ。

【私見】

「センス(感性)」とは何だろう。

営業の世界でも感性という言葉とスキルが気になり、新人時代は「なぜ、自分は感性が低いのだろう」と思ったものだ。

ところが、感性を磨きたい!また、感性を鋭くしたい!と思い始めると、自然に身についてきた。

その自然とは、自分の専門領域の中で情報に対して敏感になり、それを表現することの繰り返しであったように思う。

つまり、感性とは生まれ持ったものでもあるが、その領域の中であらゆるものに対して研ぎ澄ませていく感情や考え方とその感じたことを表現していく繰り返しから得られるものである。

そのため、夢、目的、目標を具体的にし、それらを達成するためのスキルを磨いていくことである。

それが普段の業務上の中で自然体な姿勢で収集できることが感性を磨くことになる。

それを繰り返すことにより、超二流、そして一流へと進化する。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です