野村克也 人生を勝利に導く金言 『”超二流”を目指せ』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

一流になれる選手は限られている。一流選手というものは努力よりも天性の占める部分が大きいからだ。

けれども”超二流”の選手には、なろうと思えば誰でもなれる。足が速い、送りバントやヒットエンドランを確実に決められる、選球眼がいい、守備なら負けない・・・・・そうした自分ならではの武器を少なくとも二つ以上身に付ければいいのである。そうすれば、たとえレギュラーになれなくても、一軍で生き残っていくことは十分可能なのだ。

そして、チームにとって超二流(脇役)の選手は一流選手と同じくらい大切な存在なのである。

【私見】

プロ野球という世界においては、”超二流”が通用するだろう。

また、超二流は存在価値を認めてもらえる武器を持つことがアドバンテージとなり、存在感を増すことができる。

一般社会においては、基本のキを確実に実行できることが最低条件である。

ところが、この最低条件がナカナカできないのが現状であるからだ。

例えば、約束や時間を守る、報連相を確実に行う、自分の意見を正確に伝えるなどの基本的なことを行うことが一般社会における”超二流”のスキルである。

そのうえで、何事にも興味を持ち、問題意識を持ち、その問題を解決していくスキル 、責任と自覚による実行力、計画・実行・検証を繰り返していく実践力 は超二流から一流へ進化するスキルである。

これらは超二流のスキルが備わって成り立つため、まずは最低条件を確実に実行できるスキルを身に付けることである。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です