野村克也 人生を勝利に導く金言 『より高く跳ぶために』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

なぜ私は「叱りながら育てる」ことを指導方針にしているのか。

ジャンプするときには身体をかがめて反動をつけることが必要だ。そうしてこそ、より高く跳べる。それと同じで、私が頭を押さえるけることで強い反発力を生じさせることを願っているからである。

そして、「なぜ叱られたのか」「何がいけなかっただろう、何が足りなかったのだろう」と自問自答することで、選手はより成長すると信じているからである。

【私見】

指導とは、また教えるとは、その中に「叱る」という表現方法がある。

その叱ることから、何を感じ、何を考え、次に生かすかは個人次第である。

しかしながら、管理者は「叱ることは育てること」を目的とし、部下に期待をかけて𠮟り、教えている。

そのため、個々人が自問自答し、「叱られた問題は何か」「なぜ起きたのか」「その原因は何か」「的確な対処方法は何か」「今後にどう生かすか」などを考え、次の行動に生かすことである。

この考え方が成長のステップを高くさせる要因になる。

「若い時は失敗から学べ」という言葉があるが、失敗を怖がらず、叱られたことを反省し、自問自答し、その経験から学ぶ姿勢が大切である。

そして、管理者を利用することを意識することである。

その利用とは的確な報連相からコミュニケーションを機能させ、指導してもらうということである。

その回数が多ければ多いほど、成長のスピードが上がると信じて努力することだ。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です