野村克也 人生を勝利に導く金言 『努力の道筋を教える』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

「努力しろ」というのは誰でもいえる。だが、見当違いの努力をいくらしても結果は出ない。

そうならないためには、自分自身を知ることで足りないことに気付き、それを補う方法を見つけなければならない。指導者は、言葉を通してその道筋をみつけてやらなければならない。

【私見】

指導者や管理者は説明責任を認識し、言葉や文書で具体的にわかりやすく説明する義務がある。

それがマネジメントを行う上での使命であり、それを具体化するためのスキルが求められる。

そのため、個々人の長所や短所を分析し、それらの結果をもとに成長する戦略を立て、具体的なアクションプランを提示することである。

そのうえで、相互に納得できたなら、そのプラン通りにアクションすることで成長の過程を確認することができる。

その過程こそが努力の仕方であり、その努力と成果をウオッチすることが指導者や管理者の役割である。

また、言葉を通して、現場と理論を連動させて理解させ、その理解のもとでアクションすることで納得できると同時に反省する。

その繰り返しも努力の道筋であり、その継続が成長の糧となる。

指導者や管理者はその過程をサポートすることである。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です