野村克也 人生を勝利に導く金言 『論理と非論理』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

「君しかいない」という言葉には、論理的な裏付けはありません。しかし、私の場合がそうであったように、人間を発憤させる起爆剤になります。ときには、論理的な言葉により有効だと思います。

ただし、現場のリーダーが、これを連発していたのでは、戦闘には勝てません。私が監督として、もっとも気を付けていたことは、選手に対しては「具体的な指示を与える」ということでした。それが責任者の心得ではないでしょうか。

【私見】

人を育てるうえでは現場に即して論理的に話することが大切である。

現場人間にとって論理的に話すことほど難しいことはないが、論理的に話したうえで理解させないと人は育たない。

また、人を育てるとはその人の納得度のレベルにあり、そのレベルが高ければ責任を感じさせ、納得度が十分であれば責任感を持続させることができる。

そのため、論理的に話するとは「具体的な指示を与える」ことであり、わからないことは聞いて理解させる過程を繰り返すことである。

指導とは長期的な視点にたって行う活動であり、そのためには理論や理屈、そして言葉や文字で理解させることである。

しかも、現場の事象と連動させることで経験をノウハウにすることができる。

そのノウハウを自分のものにすると、一つの成長の糧になる。

そのためにも論理的に理解させていくことが肝心だ。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です