野村克也 人生を勝利に導く金言 『自分をどれだけ愛しているか』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

「うまくなりたい」という気持ちは、恐らく誰もが持っている。しかし、「うまくなろうとする心」と結びついているかどうかは疑問である。

「うまくなろう」とするのは、自分をどれだけ愛しているかということではないか。世の中にはいろんな愛がある。その本質は「大切にすること」と思う。

自分を愛するということは、自分を大切にすることである。人のことはどうでもいいというわけではなく、自分を安っぽく取り扱わないことである。

「僕はとてもできませんよ」というのは、自分で自分を低く評価していることである。つまり、安っぽく扱っている。自分を愛し大切にするということは、自分の中身を良くし内容を高めていくことである。

そのためには、人一倍の努力が要求される。練習し、人の意見をよく聞かなければならない。深く考え、精進する姿勢がなければ、渇望する心は癒されない。

【私見】

自分自身を磨いていくことは大切なことである。しかしながら、そこに気付くことは意外と難しい。

それは人からの評価を真摯に受け止める姿勢が求められ、同時に自分自身もその意識をもって「もっと格好よく生きよう」という願望が求められるからだ。

その願望は自己の意識改革になり、その意識改革は「うまくなろうとする心」があって努力という言動に結び付く。

その意識改革の継続が自己を磨き、スキルを高めてくれる。それが努力というものなのだ!

そのためには深く考え、考えたことを行動に移し、継続することである。かつ、自分を愛する心を持ち続けることである。

その持続こそが自己の本質を高める成果となって表れる。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です