野村克也 人生を勝利に導く金言 『念を押す』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

選手には、試合の状況に応じて具体的な指示が必要です。「こんなことは知っているだろう」「言わなくてもわかっているだろう」と考えるのはよくありません。

どんな細かいことでも、「わかっていると思うが」と前置きし念を押し、指示を与える。大事な局面ほど、それが大切です。

優秀な監督かどうかは、うるさいと思われるほど具体的に念を押せるかどうかで決まる。確認、確認、確認であるといっても、過言ではありません。

【私見】

野村氏は現場たたき上げだからこそ、この言葉が身に染みるのだろう。また、この言葉を言わなかった結果において、多くの失敗と後悔があるのだろう。

なぜなら、現場は常にこの言葉の通りのことが数多くあり、それを常々言うことは面倒になったり、なおかつ「まっいいか~」と思う時があるからだ。

そんなことを思うときほど、「言っておけばよかった!」と後悔することが起こる場合が多い。

だからこそ、「わかっていると思うが」と前置きしたうえで念を押すことが重要である。

部下たちを信用していないわけではないが、「念を押す」という作業はマネジメントするうえでの鉄則であり、それが仕事のクオリティを維持し、部下たちのスキルを上げる考え方といえるのである。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です