市場の変化に注目しないと乗り遅れます!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

市場の変化に注目しないと乗り遅れます!

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

市場は常に動いています。

商売においてこれほど恐ろしいモノはないわけで、常に市場を注目する必要があります。

それがマーケティングの原点と思うのです。

市場の変化は顧客のニーズもあり、売り手の誘引もあり、国家政策もあり、技術革新もあるわけで様々な要因が考えられます。

その動向を知るには自ら情報を収集する必要がありますが、メーカーの新商品や量販店の展示、またチラシなどから把握することができます。

単に「こんなものが売れるのか~」という考えと「何故こんな商品を訴求するのか?」という相反する考えの元に市場を見てみるとヒントが隠されている場合があります。

また、自ら現場や現物を確認することも必要です。

自社の事業領域や関連する商品であるならば、スピーディに自ら「現場・現物・現実」を見ることです。

すると、何らかの客観的な感じ方やハタマタ何かが連鎖して市場の動きを把握することができるはずです。

専門分野であるならば、それを察知することが求められるわけです。

逆に、それを察知できないとしたら、それは鈍感であり、マーケティングを行なうスキルが低いと言えます。

それほど、市場を見る目が大切なのです。

不謹慎かもしれませんが、大震災と原発問題によって経済が低迷しているわけですが、逆に言うならば市場が大きく変化する機会となります。

このような国家的事故が発生すると当然に問題解決を図らなければならず、同時に市場が変化するきっかけにもなります。

そのためにも市場をあらゆる面から直視し、冷静に分析する目が必要と感じます。

市場は常に動く!

こんなことを言うとナカナカ理解してもらえないことが多いのですが、昔よりも現在のほうが市場が動くスピードが速くなっています。

その理由は現在の市場が飽和しているからであり、新しい市場を作らないと経済が動かないからです。

また、市場のニーズは多様化しており、潜在しているニーズを顕在化すると市場はゴロッと変わってしまうからです。

その一例が「プリウス」の爆発であり、「デジタル家電」の急激な普及であり、「道民球団日本ハムファイターズ」の定着です。

今日はこんなことを書きましたが、それには訳がありまして、今日の午後から「市場が動く」というテーマで話させていただくからです。

同時に、ビジネスチャンスはどこにあるのか?!

それを語りたいと思っています。kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中