2011年札幌雪まつりとマーケティング

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

2011年札幌雪まつりとマーケティング

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

昨日は札幌駅から大通り、地下街を歩いて企業様2件を訪問してきたのです。

すると、今日から「札幌雪まつり」なんですね。

それはそれは、すごい人だったのです。

地元にいると、雪まつりに行こうという気にはなれず、仕事で通りすがるだけでした。

また、前職のビルは大通りに面していて、そこから見る程度だったのです。

ですから、実際に人のすごさを体感できていなかったのです。

でも、昨日は札幌駅も大通りも、そして大通りの地下街は月曜にもかかわらず、人・人・人。

それは人に酔うほどで、ぶつからないようにと歩いていたのです。

200万人の観光客と言いますが、まさしくそれくらい来るのでしょう。

また、言葉が日本語よりも東アジア系の言葉が多いんですねー

量販店では中国語のPOPが飾られています。

つまり、市場が大きく変わっているわけです。

グローバル化という言葉が標準語になってきているように、市場の現実はまさしくグローバル化です。

「外国人」という言葉は近いうちに死語となり、いつかは全世界が普通にコミュニケーションできる世の中になると感じます。

そのためには、地域が誇る製品作りが求められます。

「Made in JAPAN」というブランドが世界を席巻し、今もそのニーズが高いわけです。

同じように、「北海道ならではの特産品であり、絶対的な製品」が世界のブランドになれば、地域イベントに集まる世界の人たちの需要を拡大することができます。

普段、グローバル化という言葉を普通に話していながら、2011年札幌雪まつりの現場を見て、初めてそれを実感することができました。

市場はまさしく変わってきています。

道内や国内という枠組みを超えたグローバルな視点の地域活性化が求められる時代です。

そんな視点でマーケティングを考えていきたいと感じた1日でした。kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中