店頭応援を思い出して その9

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

シルバーウィークも終わりましたね~
あなたはどんな連休でしたか?

高速道路の1000円化で随分と高速道路も渋滞したそうですね~
そんな中、車中泊をする人も多いようで、そんな人々のアイディアがテレビで流れていました。

車中泊用アイディア商品なんか、出てきそうな感じですね~

あなたのアイディアはどんなですか?

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

店頭応援を思い出して その9

接客するということは、人と接するということです。

販売活動において、人と接することはお客様に買ってもらうための入口なのですが、最初のきっかけ作りが難しいのです。

例えば、「いらっしゃいませ」と声をかけたとしても次の言葉がナカナカ思いつかず、接客による販売活動に至ることができないのです。

このように、接客を行ないながら販売活動を行なう業種はその業務に慣れるまでに時間がかかるといってもいいでしょう。

そこで接客、つまり人と接することに慣れるためにはどうすればいいのでしょう。

この結論は「経験」を積むしかないのです。

千差万別のお客様に対応するためには、千差万別の人と出会うことです。

人には様々な考え方や価値観がありますから、すべての人に合わせることは難しいことですが、その内過半数以上に対応できるようになると、接客になれた証拠でしょう。

でも、その経験の中にはお客様から嫌われたり、言い争いをしたりといったことが起きるはずです。

この事例を元に接客技術を学習し、「接客とは」と問い続けることがスキルを上げていくことになります。

接客するための根底の考え方は、顧客第一主義で考えることです。いくら自分自身が正しいと思っても、お客様が満足しなければその接客は間違いと思うことです。

接客や人と接し、物を販売することを目的にした職務において理不尽なことはたくさんあります。

その中で、どのように接客することがお客様の満足を上げることができるのかを常に考えることでしょう。

そのためには「人と接する経験をたくさん持つ」ことです。その経験から得られた知識が糧となっていくのです。

しかし、失敗事例をお客様のせいにしたり、反省がなければ、接客技術を磨くことにはなりません。

経験から培われる学習効果が接客技術を磨くものなのです。kom

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中