効果的な販売促進とは

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

夜はすっかり秋の匂いがしてきましたよー

ところで秋と言えば? そうコレ! 秋刀魚

さらにところで、秋刀魚の刺身って初めていつ食べました?
昔は秋刀魚を刺身で食べるなんて事、なかったですよねぇ?

これがまた美味しいんだなぁ~

いかがですか?
↑クリックしてみてね~~

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

効果的な販売促進とは

販売促進策を実施する場合は成功確率を高めることが求められる。その理由は費用がかかっているため、確実な成果を出さなければならないからだ。

例えば、昔のような「数打ち当たる」という考え方では昨今のような市場低迷の市況ではその確率は低く、顧客は動かない。

つまり、顧客のほうが情報は豊富であり、ある業界における競合が群がる中で選択できる幅が増えていることを考慮しなければならない。

では、当たる販売促進策とはどのような考え方が必要であろう。

それは顧客ニーズを吸い上げることが求められる。そして、それらの情報から仮説を立てるということであろう。

また、社会環境の変化や国家施策などの外的要因は顧客が動くフォローの風となったり、はたまたアゲンストの風になったりする。

これらの情報を精査しながら、顧客ニーズを融合させ、仮説を立てるという仕組みを構築することがある一定の成功確率を得ることができる。

例えば、エコポイントは低迷していた家電業界を盛り上げている。

ハイブリッド車も同様であり、エコをテーマに市場環境が変化していることは一目瞭然である。

また、今年は全国的な天候不順で野菜が高騰しているが、「訳あり」と言われる廃棄されていた野菜が脚光を浴びている。

これらは流通サイドの既成概念によって流通されず廃棄されていただけの話であり、主婦たちは美味しくて安ければ、買う市場が元々存在していたと言ってもいい。

また、生産者である農家が丹念に作り上げた農作物が気象条件によって予定よりもいいモノができなかったわけで、それに協力しようという消費者が数多く存在する。

つまり、確率の高い販売促進策とは市場や顧客を観て仮説を立てることである。その仮説の元に標的市場を設定し、そこで攻めてみる。

すると、ナンからの反応があるはずだ。

その反応から、より一層精度を高める販売促進を行なうことが売上を上げるコツと思う。kom

ブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中