スーパードライ断トツの33.7%とサントリーの攻勢

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

2009年度税制改正関連法案が今年度内に成立しない場合、関税の暫定軽減措置の期限切れで1600億円以上の国民負担が生じるとした政府の試算が18日、明らかになった。

牛肉や小麦など415品目で、販売価格の値上げにつながる懸念があるためだ。
同法案の年度内不成立の影響は関税以外の税目にも及ぶことから、国民負担はさらに膨らむ可能性もある。

 与党は国会審議の混乱で同法案が成立しない場合に備え、成立までの1、2月間暫定税率を延長する「つなぎ法案」の提出も検討する。

 関税軽減の暫定措置が切れると、例えば現在38.5%の牛肉の税率は50%に急上昇。
100グラム当たり14円程度の値上げとなる。また、ウオツカは無税から16%、たばこは一箱12円程度の上乗せになる。

牛肉って38.5%も税率掛かってるんですね!?
そしてまたタバコ値上げの話ですか・・・
止められるモノなら止めたいですね!タバコは 

今年もブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

スーパードライ断トツの33.7%とサントリーの攻勢

「2008年販売量1000万箱超えのビール飲料」13アイテムのデータを見ると、ナンと言ってもトップ商品は「アサヒ・スーパードライ」である。

スーパードライのシェアはナンと、「33.7%」

第2位がキリンの新ジャンル「のどごし(生)」が「11.0%」であることから、スーパードライが断トツのシェアを獲得していることが理解できる。

スーパードライの強さはどこにあるのか?!

これを話すと長くなるため、以下の文書が「wikipedia」の抜粋版だ。

『アサヒビールは1980年代中盤には市場占有率10%を割る程のジリ貧で、4位のサントリーに追い抜かれる寸前の状態となった。そのため、経営状況も悪化。住友銀行が支援に乗り出すこととなり、同行から経営改善策として1986年に樋口廣太郎が送り込まれる。この樋口の決断で、1987年「アサヒ・スーパードライ」を投入。このスーパードライの大ヒットとそれに特化した販売戦略が功を奏し、売上高と市場占有率を劇的に回復。各社が挑んだドライ戦争にも勝利を収め、1998年、国内ビール市場占有率1位となった。』

つまり、

アサヒは企業存続の切り札として経営陣を刷新し、新製品としてスーバードライを発売したのである。そこには、マーケティング戦略が功を奏したといってもいいだろう。

では、サントリーにおける2008年の業績は、今後の市場においてどのように評価すべきであろう。

以下は私の戦略的推奨案である。

2008年におけるサントリーの成功事例は、2009年においても加速することが考えられる。

その要因は、サントリーのマーケティング巧者が基盤にあるからだ。

つまり、「ザ・プレミアム・モルツ(プレモル)」はプレモル市場におけるトップブランドとして百貨店のギフト市場において、より市場シェアを獲得していくと考える。

また、サントリーの既存販路、特に飲食業を中心とした市場において、プレモルは販路拡大戦略において販売量を伸ばすことができる。

したがって、ガリバーであるスーパードライの市場を駆逐するためには、プレモルを武器としてウイスキーや清涼飲料水の2つの事業領域を抱き合わせた販路戦略の策定が興味深い!

つまり、サントリーのコア・コンピタンスである「マーケティング力」と製品の総合力を駆使することこそ、ビール市場での市場シェアを伸張するであろう。

消費規模の大きい市場である飲食業での戦略が2009年の一つの課題と考える。

「2008年販売量1000万箱超えのビール飲料」13アイテムのデータを分析すると、新ジャンルにおいてサントリーだけが「金麦」と「ジョッキ生」の2モデルが入っている。

この要因は2008年における低価格戦略の効果と捉えることができるが、「ジョッキ生」は2007年から維持していることから、この実績は2009年も維持できる可能性が高い。

そこで、新製品として開発すべきは「発泡酒」のカテゴリーである。

現在の上位13アイテムのうち、発泡酒はアサヒの「スタイルフリー(シェア3.1%)」とキリン「麒麟淡麗(9.1%)」「淡麗グリーンラベル(4.7%)」の3商品が入っている。

この中に、プレモルを仮想させる新製品を投入する。

そうすると、「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」における製品ラインナップが強化され、市場シェア40%前後で戦っているアサヒとキリンの牙城を徐々に駆逐することができると考える。

2008年のサントリーの実績はアサヒがスーパードライを発売して以来、十数年の歳月をかけて牙城キリンを駆逐した経緯に類似する点が興味深かった。

市場シェアを一気に伸ばすことは不可能であるが、強い商品として市場に認知されている時こそ、マーケティング戦略に基づく営業力と持続力がある可能性を導き出す。

10年後のサントリーを見てみたい。kom

今年もブログの応援をよろしくおねがいします~~ボタンを「ポチッ」とお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中