お客様に買ってもらえる仕組みを考える!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

お客様に買ってもらえる仕組みを考える!

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

売るとはお客様に買ってもらうこと!

逆に言うならば、お客様に買ってもらうことで売りが立つわけです。

また、売ろうとしても簡単には売れないわけで、そのために買ってもらえる仕組みであり、売れる仕組みを考えるわけです。

この考え方に執着できる人は意外と少ない!

それよりも「売ろう」と考えるわけです。

しかし、そう簡単には売れない!

だから、もがき苦しむわけです。

であるなら、「買ってもらおう」と考えたらどうでしょう。

でも、「買ってもらう」ってどうしたらいいの~と考えるんですね~

ここの考え方があらゆる発想を作りだすきっかけになります。

つまり、過去の経験や周りに起こった成功事例、他業界の情報などを駆使することで「こんなことをやってみたらいいのではないか?!」と考えるはずです。

その考えのもとに、まずはチャレンジすることです。

すると、市場に反応が見えてきます。

全く反応がない場合もあり、そこそこにリアクションがある場合があり、それらを検証することで次の展開が見えてきます。

それをまた繰り返していく!

同じようなことを過去に書いた今日の記事ですが、何故こんな事を書くかと言うと、現在もその繰り返しを行なっているからです。

「お客様に買ってもらえるためには?!」

このテーマはマーケティングを行なう限り、永遠なのです。

「仕組み・仕掛けを考えろ!」

「マンネリから打破せよ!」

「目先を変えろ!」

「メリハリをつけろ!」

「破壊から創造する!」

そんなことを繰り返し語り、手法を説明しながら、作業が進んでいっています。

そして、制作物になにやら変化が起きてきています。

その変化がたまらなく面白く、それを市場にぶつけることで何が起きるのか?!

そんなことを考えながらわくわくすることが面白い!

それがマーケティングであり、当社の強みです。

そして、仲間たちが黙々と作業している姿が頼もしい!kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中