不透明な時代は肉食系営業で乗り切れ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

不透明な時代は肉食系営業で乗り切れ

今日のタイトルは先日、歯医者に行った際の待合室で読んだPRESIDENTから頂戴したものである。

この記事の冒頭はこんな感じで書いている。

『営業マンに求められる資質は、一昔前と大きく様変わりした。顧客を口説き落として実売に繋げる「販売のプロ」がもてはやされたのは過去の話。今は高いコンサルティング直を武器に、顧客のケアをしっかりと行う「顧客満足のプロ」が実績を上げています。』

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

『以前なら行動力と情熱でカバーできた部分も、ロジカルで実効性の高い提案なくして、顧客の納得は得られません。単にモノを売り買いするだけの営業ならネットで構わないという意識が経営側・顧客側双方に浸透し、あえて「人」を配置する営業の仕事は、難易度が格段に高くなっているのです。』

『反面、営業部門に配置される人材のほうは攻めるより守りに入る「草食系営業マン」が増えているように思えてなりません。仕事の内容が急激に高度化する中で、ミスを恐れて冒険を避けるのは無理からぬことですが、そのままでは営業の仕事の喜びもなかなか実感できないでしょう』

『営業とは本来、「仕掛ける」仕事です。狩猟のように自分から仕掛け、手にした収穫を持ち帰る。そのプロセスに面白さも楽しみもあるはずなのに、そこが忘れられているのは残念というしかありません。営業の仕事は知的ワークと仕掛けの工夫で成り立っている、そんな肉食系の営業マンがもっと増えてもいいのではないでしょうか』

以上は気になってところの抜粋版である。

確かに営業という職業とその役割や機能は大きく変わってきている。

叩き上げの販売のプロと言われる営業マンは影を潜め、理路整然と提案できる営業が求められていることは確かだ。

しかし、そのスキルはある一定の営業経験から培われるものであり、営業独特に泥臭さを理解しない限り草食系もありえないと思う。

そのために、営業マンの基本に必要な肉食系の仕掛けるスキルを持ち合わせることであろう。

例えば、最近は勝間和代や平林都のような肉食系女性がある種のブームとなっている。

あえてブームと表現したのは、今まで存在しなかった肉食系女性の代表者として彼女たちが目立っていると感じるからだ。

それに相反するのが草食系男性であり、その人たちが逆のブームとなっている。

しかし、営業という世界においては肉食も草食もなく、仕掛けていく知力やその仕掛けを実行する体力、そしてその知力と体力を持続させていく気力を持ち合わせることが営業マンの基本となるスキルである。

それを現代の用語で語るならば、『不透明な時代こそ肉食系営業で乗り切れ!』ということであろう。

そして、その肉食系と言われる部分は強烈な精神面であることを忘れてはならないと思う。kom

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中