現状を把握するための技法

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

現状を把握するための技法

収益を向上させるには現状を把握することが大前提にあります。

そのためにヒヤリングを行なうのですが、これを理解できない人もいます。

マーケティングとは売上・利益を拡大させるビジネス・ツールですから、それを活用するためには情報が必要なのです。

この情報の量や質が高ければ高いほど、戦略を練り上げるには有効かつ効率性を高めることができます。

そのため、現状を把握するヒヤリングが必要なんですね~

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

ヒヤリングのレベルはコンサルする人によって様々でしょうから、時間や質問事項に基準となるものはありません。

戦略を練り上げるための最低の情報をいかに認識するかというレベルなのでしょう。

それらの情報に従って、コンサルの脳みそは分析を同時並行で行なっているわけです。

同時並行しながら、ヒヤリングを重ねているといってもいいでしょう。

つまり、現状把握の情報は点に過ぎず、そのたくさんの点を線につなげていくための情報を再度ヒヤリングしていくということなのです。

したがって、同じ質問を繰り返すこともあり、これは再確認の意味でもあるのです。

ヒヤリング情報は定性的な感想や意見・疑問・不満・不安などがほとんどになりますが、同時に数値となる定量的な情報を整合させることが重要になります。

そこで、ヒヤリングした情報の裏付けは定量的データで検証することでしょう。

これを整合させなければ、戦略を書く際に最適なものは提案できない。もっと明確に言うならば、「信憑性の高い最適な提案書にはならない」といえるでしょう。

また、ヒヤリング情報はすべてが正解というものではない場合があります。

例えば、「思い込み」「勘違い」「片寄った情報」など精度が低い情報もありますから、それらを検証することも重要でしょう。

それらを検証すると、その市場を客観的に把握することも出来るようになるわけです。

マーケティング戦略や事業戦略を練り上げるには現状を把握することなのです。

これが基本であり、スタートなのです。kom

励みになりますので、ブログランキングのボタンをポチッと!お願いします。
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中