ビジネスで大切なことは相手を納得させること!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ビジネスで大切なことは相手を納得させること!

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

「商売というのは、売る側と買う側によって成立する。この両者は対等な関係にあり、どちらか一方が優位に立っていては商売にはならない。お互いが得をしたと思って、初めて成立するのだ!」

盛田昭夫氏語録より「相手を納得させる術というのはビジネスで一番大切な術だ」から、上記の言葉をピックアップしてみました。

昨日の松下幸之助氏の言葉同様に、先達たちの言葉には明快な回答を感じさせます。

商売とは「売買行為」によって成立するわけですが、それは売り手と買い手が納得できた結果です。

しかし、人それぞれに考え方があり、すべてを一致させることは難しいわけです。

一致させるにはお互いが意見を言いあい、相手を説得し、納得してはじめて取引が成立するということになります。

そのためには、相手を納得させることです。

そして、お客様の納得とは売り手の説得力にかかってきます。

あくまでも対等な立場でありながら、売り手はお客様を納得させる術を身につける必要があり、それは説得力をいうスキルなのです。

また、説得力とはキチンとした提案を行なっているかということです。

ただ単に売込むのではなく、お客様が納得できる提案が説得できる武器となります。

そのため、売り手は自分の考え方や言いたいことをどうしたら相手に分かってもらえるかを研究し、勉強することです。

ただの売込屋では今の市場では勝てません。

また、買い手が欲しいというものを売るだけでは営業ではありません。

それよりも、お客様が納得して意思決定するための説得力を身に付け、提案していく営業が質の高い営業活動です。

これができる営業は景気に左右されず、多少の差別化要素が低くても、安定的な実績を出すことができます。

それは「お客様を説得できる」という強力な武器を持っているからです。

それが現在の市場において大切なものだと思うのです。kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中