建設業界の成長戦略

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

建設業界の成長戦略

人気ブログランキングへ

全産業の中でも建設業及び建設業に関わる業種、例えば電気工事業、管工業などを含めてたいへん厳しい市場環境です。

特に、北海道は官依存による公共工事がこの業界を支えてきたわけですが、その公共工事はピーク時の約半分。

ましてや、北海道は民間投資の絶対額が低く、これもピーク時の半分以下なのです。

このような環境下において、北海道の建設許可業者数はそれほど減っていないわけで、ピーク時の85%程度です。

減少した15%には倒産が多く、今後も市場環境が好転するとは考えづらく、たいへんな業界と思うのです。

そんな建設業の経営者に対して成長戦略を語るわけで、これが来月のセミナーなのです。

現在、セミナー資料を固めてきているのですが、いや~勉強になります。

起業後において建設業や建設コンサルタント会社へのセミナーを実施しましたが、今回は数十名の経営者が集まるわけで、どのように企業経営を継続させていくご提案を提供できるか?!

そんな視点で資料を作るための情報を集めたわけです。

すると、基本は変わらない!と感じるのです。

つまり、建設業という業界だけを分析すると他の産業よりも厳しいことは確かですが、他の業界もソコソコ厳しいわけです。

その厳しい現実の中で成長戦略を考えるプロセスは同じだということでしょう。

しかも、建設業は他の業界からすると土地や設備などの資産を保有している可能性が高く、それらの資産を有効活用させていく道筋を提案する。

とかく、同じ業界にいると灯台下暗しのごとく、業界の専門性は理解していても横から見ることって皆無に近いと言えるでしょう。

また、他の業界がどのような成長戦略を遂げているかも知らない場合が多い。

但し、この業界は他の業界よりも柔軟じゃないことが気になりますね~

ドラッカーじゃないけど、「成功体験を捨て去れない」「過去と決別できない」ところに資料作りの難しさがあるわけです。

でも、そんなことを言っている状況ではないことも確かで、刺激を提供したい。

来週の大阪に引き続き、来月もたいへん楽しみなセミナーですが、ご提案に対しての反応を体で感じながら、建設業の本音を体験したいと思っています。

そこから、1社でも新たな挑戦が生まれたなら、こんなうれしいことはないですね。

OFFICE KOMの新事業領域と思っているのです。kom
人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中