ブログ再開第一弾 『サンエコ奮闘記から見えてきた事業領域の変革は事業計画書に基づく足跡』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ブログ再開第一弾 『サンエコ奮闘記から見えてきた事業領域の変革は事業計画書に基づく足跡』

5月末で7年間書き続けてきたブログを一時休止したわけですが、それには理由があったのです。

主力事業として進めてきた「サンエコ(SUN ECO)」という事業を足元から振り返り、もう一度作り直さないといけない環境になったからです。

そのため、2020年のあるべき姿を一つの御旗の印とし、そこにたどり着くための2015年の事業計画を組んだわけです。

その大きなテーマは「サンエコ北海道」という事業を「サンエコホーム(建設業)」と「サンエコプロデュース(不動産業)」に分社化し、それぞれの事業を確立させることにあったんですねー

これがかなり重く、事業計画がありながらも実践では暗中模索の中で作りこんできたわけです。

そんな毎日の中、少しずつ形になってきたわけですが、その要因は「事業計画書」の存在にあったのです。

つまり、羅針盤となるPLANがあるからこそ、前に進むことができ、前に進みながらその都度見えてくるハードルを越えるために修正したり、変更したり、次の一手を考えたりしてきたわけです。

そして、一つの形が見えたものが「サンエコガーデンM1」という商品です。

新しい画像 (1)

http://suneco.co.jp/gardenm1/

ホームページには動画がついていますので、ジックリとご覧いただきたいと思います。

特に、この動画ではドローンによる撮影があるのですが、その理由は屋根に太陽光を設置しているため、それを見てもらうには真上から撮らないとわからないからです。

そこで今回は制作会社にお願いし、ドローン撮影をお願いしたのです。

かなり高い位置からの撮影もありますから、非常に見ごたえのある映像になっていると感じます。

また、この商品は約1年掛かりで作ってきたのです。

その具体的なアクションはこれも1年前の計画に基づいて恵庭から函館までの土地探しから始まり、その可能性を追求してきました。

その可能性とは今までにないサンエコらしい収益アパート作りだったからです。

具体的には『電気を買わなくても生活できるアパートを実現したい!』を目的に、エネルギーと今までの不動産事業を融合させた商品作りに付加価値があり、かつ既存事業における優位性を獲得できると考えたわけです。

この考えは通常ではあり得ない無謀な計画だったように思うのですが、ビジネスプランに落とし込んでいくと「オモシロイ!できる!」と考えたんですねー

1年前を思い出すと何という勇気と言うか、バカみたいに思ったりしますが、会社内では真剣に考えて進めてきたのです。

そして、今月末にはサンエコガーデンM1が完成するところまで来たんですから、ナントも不思議な感じがするのです。

そのために建設業や不動産業の登録や免許を取得していくプロセスもそれなりの人たちを確保しなればならず、それを実現するためには想定外の縁があったと感じます。

その縁は起業後に出会った人、それによるネットワークが連鎖し、事業を構築していく際の支えになったわけです。

かつ、今までの良質な決算内容から金融機関から信頼されたことも大きな要素になったなーと感じます。

この5カ月間はそんな事業の再構築を具体化してきたわけですが、その実現の基礎は事業計画書に基づいてアクションしてきたことが大きいと思います。

しかし、事業はまだまだ未完成ですから、その完成形を目指してもう一度再スタートをかけていこうと思うのです。

そして、そのモチベーションを維持していくためにブログの再開を考えていたのです。

また、5月に休止した際に「再開のターゲットは11月!」と決めていたことも事実でしたから、メルマガもブログも再開できるとは大きな喜びです。

加えて、Facebookは先週から再開していますので、是非お友達登録をお願いします。

ブログは今まで通りに毎日書くことはできないと思いますが、メルマガだけは毎週月曜日に書き続けていこうと思っています。

11月2日が再開・復活の記念すべき日ですが、事業を継続する限り、書き続けていきますのでお付き合いいただきたいと思います。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です