提案書を書く目的とその書き方

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

提案書を書く目的とその書き方

起業後、提案書を何件書いてきたでしょう。

その件数と枚数は膨大な量になっていると思います。

また、それらの提案書によってお客様の満足度が全く違うと感じるのです。

提案書はお客様のメリットやアドバンテージをキチンと理解できることが求められます。

そのため、一見的な出会いであったとしても必ず提案書を書いて提示するようにしています。

その理由はお客様の納得度、満足度であり、そしてOFFICE KOMを記憶に残すことができるからです。

パワーポイントで書く提案書はある程度のひな型ができ、案件ごとにそのひな形を使って書きあげると工数はそうかからないようになってきました。

また、仲間のchizuが作るデータからのグラフや表はかなりの説得力となります。

それをサクサクと作ってくれる仲間がいることは我が社の強みです。

それらの提案書を営業ツールとして活用できる営業マンは動きやすくなります。

つまり、コンサルティングもそうですが、能書きだけを語っても信用や成約をいただくことは難しいわけで、そのためにも視覚で確認できる提案書が必要なのです。

この営業手法は前職で教えてもらいました。

時間がかかろうと、自分の意思を紙に書き、お客さまに提案していく営業活動、そしてその提案書をもってプレゼンテーションするスタイルが現在の営業に必要なスキルです。

ですから、いくら素晴らしい商品であっても、他にない買いやすい価格であっても、お客さまに買ってもらうにはキチンとその商品の良さを理解してもらうツールが必要なのです。

現在のような成熟した低成長の市場においては、提案能力とプレゼンテーションはMUSTなスキルといってもいいでしょう。

また、データを活かすことも重要なことです。

特に、定量的な過去データを提案書に盛り込むことは絶対的な説得力が違ってきます。

しかも「新たなる発見」を気付かせるためにはそのデータをビジュアル化させる!

その能力なくして現在の営業は顧客を動かすことができないとも言えるでしょう。

これらのスキルを持っていることはOFFICE KOMの強みと思っています。

能書きだけではなく、きちんとした提案書の元に営業できる環境はお客様の満足を上げることができるわけで、それを確実に継続させていきたいと思っています。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中