売るという行為より仕掛けを作ることが営業の本質であり楽しさである!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

売るという行為より仕掛けを作ることが営業の本質であり楽しさである!

営業のミッションは以下のものがあります。

  • 売上・利益を上げること
  • そのために販売活動を行なうこと
  • そのために顧客とのコミュニケーションを維持すること
  • そのために訪問頻度を上げること
  • かつ、訪問の目的を明らかにすること

つまり、営業は売上・利益を上げることがミッションであり、そのためにあらゆる根回しを行なうわけです。

ところが、売上や利益はこれらのプロセスをたどったところでそ~簡単に売上が上がらないわけです。
そこが営業という職務の難しいところです。

売上とは顧客が「欲しい」いう欲求を抱かない限り、購入しようという意思は働かないのです。
この原理原則をわからずして走り回る営業は営業のむずかしさをヒシヒシと感じていることでしょう。

会社の上司や先輩から叱咤激励の毎日の中で、何故俺は売れないのだろうと悩むんですね。
こんなふうになると、蟻地獄のごとく答えの出ない問題に悶々とするわけです。

しかも、その答えを見出すことができず、営業の世界から足を洗おうなんて考えるんですね~

ところが、営業は売るというよりも売るための仕組みを作るんだと考えると意味が違うわけです。

モノなんてものはそ~簡単に売れるわけがないんですね。
ですから、売れる仕掛けを考えるわけです。

もっとわかりやすく言うと、「お客様が買ってもらえるように仕掛け・仕組みを考える」
これが営業が行なうべき本質の活動であり、ミッションなのです。

現在、売れないモノを売るために2つの仕組みを作り上げています。
この仕組みを作るために2か月間ほど要しています。

しかし、その努力が報われ、一つは今月末から、もう一つは9月からアクションが始まります。
この結果はいかに?!

営業の世界は段取り8割と言われるくらい、段取りの完成度が高いと成功確率が高くなります。
それを知る営業だからこそ、売れる仕組みを作ろうとします。

そして、そのアクションから検証するんですねー
その検証が楽しみなのです。

それはその仕組みである企画が正しかったのか?!間違いだったのか?!の正解を確認できるからです。
それくらい時間をかけて売上を上げる仕組みを作ることが営業の仕事です。

その本質を知ることで営業という仕事の楽しさを理解できるのです。

さ~売上に苦しんでいるあなたはもう一度自分の活動の振り返ってみましょう。
「売るという行為よりも仕組みを作ること」です。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です