営業は自分の基本・原点を作り、困ったときに原点回帰する!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

営業は自分の基本・原点を作り、困ったときに原点回帰する!

営業は自らの営業活動の基本を作り上げることが大切と思います。
その理由は壁にぶち当たった時に原点回帰できるからです。

営業成績には山もあれば谷もあります。
つまり、安定的に営業成績を維持することが難しいわけです。

営業成績がいい時は仕事が楽しく感じ、自信の中でアクションできます。
ところが、成績が悪くなると泥沼に入り込み、そこからなかなか抜け出すことができません。

そんな時は自分自身が作り上げた営業活動の基本に立ち返ることです。
この方法がわかっていると、泥沼から這い上がる時間を短くすることができます。

すると、また営業成績を安定化させることができます。
同時に、上司や組織から評価されることになります。

したがって、新人営業の時に「どうしたら安定的な売上を維持することができるのか?!」と問いかけ、営業活動の基本を自ら作り出すことが大切と思うのです。

昔、営業成績が上がらなかった時代、「どうして俺だけが?!」と迷い苦しんだ時がありました。
どうやっても売上が上がらないわけです。

ここに悩み苦しんだお蔭で、自分自身の基本を見つけることができました。
その基本は「お客様のところへ行き、お客様の生の声を聴く」ことでした。

ですから、売れなくなるとお客様のところへ伺うようにしたのです。
また、売れない商品を売りたいと思うと、お客様のところへ行き、生の声を聴くんですね。

本当に売れない商品なのか?!
売り方が悪くて売れないのか?!
問題点はどこなのか?!

こんな視点で現状の壁を自らの五感で体感するわけです。
すると、本当の、本質的な理由を知ることができるのです。

この基本活動は現在も行なうものであり、困ったとき、疑問を感じた時、課題が解決できないときには「お客様のところへ」と足が動くわけです。

これが私の営業の基本であり、原点です。
そして、そこには必ず解決策が見つかるのです。

つまり、現場こそ見えなかった情報が落ちているわけで、そこに耳を当ててみることが私の営業の原点なのです。

困ったときには原点回帰する!
その原点探しが営業の基本だと思うのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。