会社のルールを順守しながら応用を利かす!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

会社のルールを順守しながら応用を利かす!

会社のルールは守らなければなりません。
これは絶対的なものであり、その中で営業することです。

ですから、いくら売ろうと思っても引き下がらなければならない場合もあり、その結果は営業という仕事において仕方ないことと潔く諦めることが大切です。

営業とは顧客との接点を作り、コミュニケーションを維持し、成約までのプロセスを構築することです。その上で、商談のテーブルに座ることができます。ところが、営業活動において競合が必ず発生し、すべての案件が契約できるとは限りません。

ここが営業のつらいところです。

しかし、こんなことは当たり前なんですね~
あらゆる案件は常に競争があり、その中で戦うしかないわけです。つまり、勝ちもあれば負けもあるわけです。

ところが、あの営業は勝率が高い!という結果が出てきます。
プロ野球でも打率が高い選手とそうでない選手が分かれ、それぞれに投手との戦うわけです。また、打者選手同士でレギュラー競争するわけです。

その競争は野球のルールに則って行なわれ、勝つ確率が高い選手は努力した結果といえます。

このように、会社のルールを守り、その中でいかに最適な営業を行なうかが営業スキルを上げるコツです。
とかく、「価格を安くすれば売れる」という短絡的な答えを出しがちなのが営業でもありますが、これではスキルが上がりません。

価格よりも大切なことを熟知し、それを武器とする営業が応用力の効く営業です。

営業とは会社のルールの中で自分の営業スタイルを作り上げ、それを標準形にしながら、千差万別な顧客へ対応することが求められます。それが営業という仕事であり、営業という仕事のスキルを磨くコツです。

勝つ確率を上げる営業が会社にも顧客にも信頼される営業です。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中