情報を正確に伝えることが営業の仕事

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

情報を正確に伝えることが営業の仕事

「営業って難しい」ということばをよく聞きます。

営業という世界を知らない人は難しいと思うのでしょうね~

でも、いざその世界に入ると、こんな楽しい仕事はないと感じる人が多くいるのも確かです。

営業とは「モノを売る仕事」と解釈すると、これは難しいわけです。

ところが、営業とは「情報を正確に伝えること」と訳すると決して難しいことではない。

つまり、モノを売るとは結果を求めるからであり、結果を求めるにはそのプロセスが大切だということを理解すると決して難しいことではないのです。

もう一度、「営業とは情報を正確に伝える仕事」という言葉を読んでみましょう。

すると、モノを売ることは逆に言うならば、「お客様に買ってもらう」わけです。

そのために、営業は買ってもらうために商品やサービスの情報を正確に伝えることになるのです。

これが営業という仕事を行なう際の基本的な考え方です。

その情報がお客様にとって必要なのか、ハタマタ不必要なのかによって買ってくれたり、断ってきたりするわけです。

それがタマタマ買ってくれたとしたら、「モノが売れた」という結果が出たことになります。

ですから、営業という職業は単純な作業であり、あらゆる情報をもとにお客様にとって必要な情報を選別し、正確に伝えていくことです。

また、お客様によっては必要な情報が変わってきます。

例えば、あるお客様にとっては必要な情報だったにもかかわらず、違うお客様には不必要であったということが多々あります。

したがって、それぞれのお客様に適した情報を提供することが営業には必要です。

つまり、一律的な情報提供はお客様の徳や為にならず、個のお客様ごとにどのような情報を提供していくかを考えることです。

それを考えるようになると、営業って難しいという言葉は払拭していることになります。

営業とは情報を正確に伝えること。

売上を上げるとか、モノを売るとか、ノルマを達成するとか、という現象面を捉えず、ただ単に「お客様に正確な情報を伝える」と考えることです。

すると、営業が楽しくなります。

また、それぞれのお客様に的確な情報を提供し、買ってもらったとするともっと営業という仕事が楽しくなります。

すると、営業はもっと喜んでほしいと思い、あらゆる情報の中からお客様の徳や為になる情報を伝えようとします。

これがポジティブ・スパイラルとなって正確な情報を伝えようと努力しています。

これが営業という仕事が楽しくなるスパイラルであり、考え方です。

ですから、決して難しいことははない。

そんな楽しい考え方になっていったら、営業は辞められない。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中