石にかじりついても3年

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

石にかじりついても3年

昨日は保険のセールスレディについて書きました。

彼女が言うには「当社は3年間、保証されている期間」というのです。

そのきっかけは「新人の時は遠回りしても近道は選ばないこと」と話し、「3年は苦労し、努力あるのみ」という言葉からでした。

そして、当社は3年間保証されていると言ったのです。

保険も自動車もダイレクト営業として一人前になるにはやはり「3年」はかかると会社が判断しているのでしょう。

また、ルート営業も同じことが言えます。ですから、研修などでは「石にかじりついても3年は辛抱、我慢」と言い続けているのです。

でも、この時間が新人にとっては意外と長く感じます。

しかも成績が上がらないとなおさら長いわけです。

その挙げ句が「辞めようかな~」と思ったりします。

保険の営業も同じことが言えるようで、3年間で辞めていく人はかなり多いと言っていました。

ここが営業の難しいところです。

我慢ができないんですね~

わずか3年以内で結論を出す前に、悩み苦しみ、それに我慢し、頑張ろうという意識を継続できない。

この要因は「結果を出そう」と思いこむところにありますね。

当然、同期やライバルがたくさんいますから、成績のいい人いれば焦ったり、その思いに苦しんだりするわけです。

でも、自分の足元をどのように固めていくの?!と考え、営業の基本を自分なりに作り上げていくことでしょう。

つまり、売上を上がらなくてもお客様との関係やコミュニケーションをどのように図っていくの?!

自分の営業方法はこれだ!と思える経験を楽しんでいくことができたら、営業の基盤が作られていっている過程なのです。

それが「3年」という期間なのでしょう。

営業も職人の世界!

だからこそ、3年間は丁稚奉公の気持ちで頑張ることなのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中