勝てる営業になるために・・・

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

勝てる営業になるために・・・

『営業現場は戦場である』

昨日はこのテーマで書いてみましたが、戦場の営業現場で勝つために営業が行なう基本的なことはなんでしょう。

今日はそんなテーマで書いてみようと思います。

営業は人と会って話をすることが仕事といっていいでしょう。

しかし、人と会って話することほど、面倒で重いことは無い!

そんなことを感じている人もたくさんいますね~

何を話したらいいのか?!わからない!

こんなことに悩んでいる人が多いことも事実なのです。kom

何を話したらいいのか?!わからない!

これは新人の頃に苦労したことでした。

会話が成立しない人っているんですね~

話すネタが見当たらず、シドロモドロになるなんてことは今でもあることですが、若いときはその時間がたまらなくいやになり、その人から逃げるようになる。

こんなことを経験している人もいるでしょう。

そんな時は話すというよりも事実を正確に伝えるという意識が重要なのです。

また話すネタがなければ訪問せず、キチンとネタが出たときに訪問する。

すると、会話が成り立ってくる。

この時に重要なことは「聴き出す」という姿勢です。

営業は話さなければならない!という使命感よりも、キチンと伝えるべき情報を話すとその後は常に「聴き出す」という姿勢が求められるのです。

例えば、説明した商品はどのような印象なのか?!導入したキャンペーンは理解してくれたのか?!現状において問題や課題は無いのか?!

こんなことを徹底的に聴き出す姿勢が営業は必要なのです。

この聞き出したことをメモし、組み立てていくと問題解決の提案の糸口になる。

これが「勝つ営業になるための姿勢であり、考え方」なのです。

営業は「話す」ということも重要ですが、徹底的に「聴き出す」ことができる人ほど、勝つ営業マンなんですね~

このことが理解できる人は、顧客と多くの接点を持った人だと思うのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中