営業マンの条件10カ条~メモ魔になる~

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

残暑ですねぇ。。(;´д`)ゞ アチィー!!

昨日はあるフォーラムがあり、昼飯抜きで「一日立ちんぼ」してきました。
でも、一生懸命に商品説明しましたね。そんなんで、名刺交換30枚!

新たな出会いもあり、新たな情報があり、無知な自分を見つめ直すことができました。

今後のビジネスになるかはわかりませんが、充実の一日でした!

今日から「営業マンの条件10カ条」を一つずつ具体的に書いていきましょう。

今回は「メモ魔になる」です。(-^□^-)b

営業には5つの基本スキルが必要であることを説明しましたが、その中でもっとも難しいことは「約束を守る」ということでしたね。

約束を守るためにはどうするべきでしょう?!

事前準備の予防策としては「メモ」するということですね。

特に、約束事はわかりやすいように「必ずメモ」し、会社に戻ってからその日に確認して約束事を整理することでしょう。

これを習慣化させないと、「間違い」や「忘れ物」になる可能性が高いのです。!(´Д`;)

会社に戻って「次の日に整理しよう」なんて甘い考えを起こすと、まず失敗やクレームになる場合が多いのです。

つまり、折角メモしたにもかかわらず、時間を置いたことでメモと脳みそが乖離し、顧客からの依頼事の重要性に漏れが発生してしまうわけです。

ですから、「メモを取ること」と「メモしたことを必ずその日に実行する」ということは営業マンの必須条件なのです。

それ以前に、今日のテーマは「メモ魔になる」ですね。

人間って脳みそで理解すると、「書く」という行動に移らないようです。

そのためには書くということを意識することであり、習慣化させないといけないのです。

ある時またはある場面では脳みそで理解したにもかかわらず、人間って「忘れる」ように出来ているわけです。

しかも営業マンの場合は一日に会う顧客も多く、その度に様々な依頼事項が発生するわけですから、「メモ魔」にならないと誰しもが「忘れる」ということになりますね。

また「勘違い」もあり、特に問題になるのが「言った?!言わない?!」といった顧客との混乱が起こると、これは営業マンにとって最高に辛いですね。

そして修復作業に時間がかかるんですね・・・(w_-; ウゥ

ですから、顧客別に重要事項や依頼事項をマメにメモする習慣付けが必要なのです。

そこで、私は2冊の手帳を用意していましたね。この続きは次回です。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中