売上が上がらないと悩んでいた営業マンが進化した売上構築方法【函館・金森物語 その9】

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

函館に着任早々、五稜郭の花見で家族全員が顔を合わせ、ドンちゃん騒ぎをした。
それ以来、家族同士が適度なコミュニケーションをとっていた。
オヤジたちからも納得の仕事ができているという声を聞いているようだ。

公私混同も甚だしいという方もいるかもしれないが、小集団であり、低予算の中でイベントを開催するにはこんなこともいいだろう。

また、家族が協力してもらうことはオヤジたちにとってもある種のプレッシャーになり、「やるぞ~」というモチベーションにも繋がるはずだ。

今回のイベントはナンとしても成功させなければならない。そのためには、猫の手を借りてでも完璧な演出が鍵を握ると判断した。

8月下旬から準備を進め、秋風が吹き始めた9月・10月において詳細を詰め、準備は佳境に入っていった。

DM、プライス、ポスター、POP、展示台、会場装飾、記念品、商品手配、駐車場確保、応援部隊、全国への情報発信、販売店への導入会の実施等など、隙の無いまでにトコトン詰めていった。

そして、誰かが言った。

「クリスマスと言えば、サンタのおじさんはどうする?!」

「そうだな~サンタのおじさんがいるな~。よ~し、札幌から応援に来る商品部長のSさんに頼も~。あの人なら、打ってつけだ~!」と私。

Sさんは商品部長には似合わない温厚な人物で、合展に応援に来るという事前連絡から「受付」をやってもらうことになっていた。
受付には最適なサンタのおじさんがいることになった。

そして、いよいよ搬入が始まった。

夏の展示会「箱館物語」の反省を踏まえて、搬入時から取引先である電気店の応援があった。
準備は完璧であり、役割分担もOK。

そこに取引先の応援をコーナーごとに分担すると、クリスマスらしい可愛い綺麗な展示会場ができあがった。
函館元町・金森ホール、そしてクリスマスを連想する素晴らしい会場である。

イメージはピッタリ!
これこそ、「クリスマス・パーティ」会場に変身したといってもいいだろう。(つづく)

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です