売上が上がらないと悩んだら・・・「チームや組織を有効活用せよ!」

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

マーケティングを行なううえではヒト、モノ、カネの経営資源を有効活用し、具体的活動を展開する。
その経営資源において、モノとカネは有限なものであり、ヒトは無限の力を発揮する。

そのため、人や組織は最大限に活かすという意識が重要であり、その意識が人間のエネルギーによって期待値を広げ、成果を導き出す。
その成果はそれぞれのスキルを高め、さらなる成長の糧となる。

マーケティングを展開するうえで、ヒトは最大の資源である。

ケーススタディでは組織メンバーの分析を行なった結果、営業は個性的な集団であった。 
T君は、馬車馬のように働く!しつこいと言われるほど粘る!
O君は、不思議な存在感があり、言葉は少ないが奇抜なアイディアの持ち主
E君は、作り物が上手い!器用!トコトンやる!
N君は、新人でありながら小錦クラスの巨漢である。しかし、マメ!スピードがある!

そして、「やる!といったら、トコトン働く!そして、ずるさが無い!」

上司のミッションは「業績低迷からの脱却」であり、営業メンバーの協力無くして達成することができない。

また、業績回復が実現できたとしたら、彼らのモチベーションは確実に上がり、そのパワーは業績を右上がりで継続する源となるため、一気に売上が上がる合展を企画し、その企画は彼らの知恵を引き出すことを目的とした。

また、小規模な取引先は一定量の販売力があることが過去実績から理解できたが、合同展示会という仕掛けを作り、しかも今までに無い地域密着のテーマを作ることで販売のモチベーションを高めようと考えた。

それらも組織の有効活用であり、その結果において過去にない実績を出すことができたが、これも人間の可能性を引き出した結果である。
人は無限の力を発揮する裏付けとなったイベントであった。

このように、マーケティングを展開するうえではヒト、モノ、カネの最低の資源が必要である中、ヒトは無限の可能性を秘めている。
特に、手や足の数は有限だが、脳みそを動かし知恵を生み出すことは無限である。

しかも、課題を与えれば与えるほどその能力を引き出すことができ、その限界値は未曾有と考えることである。
また、「三人寄らば文殊の知恵」の諺の通り、チームや組織で議論すると想定外のアイデアが生み出る。

これらのアイデアがマーケティング戦略上において有効活用できることは枚挙に暇がない。

このように、ヒトを有効活用できる組織は成長のスピードを上げると同時に、戦略のクオリティも高めることができるため、チームや組織を有効活用することはマーケティングを展開するうえで必要不可欠である。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です