売上が上がらないと悩んでいた営業マンが進化した売上構築方法【箱館物語 その11】

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

次は準備期間に時間をかけて戦略を練り上げ、成功バターンを作る。

しかも、この合展は今後定期化する企画モノである必要があった。

その理由は、着任したばかりのk氏が数年在籍する中の年間行事として定例化できれば、年間イベントに向けた準備が次年度以降も具体的になり、取引先を含めた年間の販売計画の一つとして位置付けられるからだ。

そして、この合展は全国の雛形となるものにしようと考えていた。

それは、今回の合展を実施した際の費用や工数の問題にあった。

小さな営業所が実行できる展示会には限界があり、より大きなステージを作るには東京や札幌の本社機能と強力な連携を図る必要があった。

また、朝までかかった搬出は人海戦術が必要であり、いくら若いからといって営業所メンバーで自己完結するには限界があることを認識できた。

であるなら、会社全体の統一イベントを作り上げ、全国標準の年末合展を企画し、最低の準備物を標準化できれば費用もかからず準備物を作成する手間も削減できる。(明日に続く)

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です