売上が上がらないと悩んでいた営業マンが進化した売上構築方法【箱館物語 その6】

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

考えた4人のうち、N君が「デザイナーの兄に無料で頼む!」(決~~~まり!)

そして、奇抜なアイデアの持ち主であるO君と器用なE君はペアになって会場を飾る装飾物を手作りで作っていった。

そして、リーダーのT君はこう言い放った。
「ソコソコ固まってきたな~。じゃ!参加店を集めて導入会をやるぞ~」

「導入会から『箱館物語』をイメージさせ、みんなをその気にさせよう!」

決して予算があるわけではなく、少ない予算の中で最善を尽くし、主催者と取引先が一体となって行なう活動が成功という結果をもたらす!

そのためには準備を完璧に行なう必要がある。4人のバカボン営業達は乗り乗りのスパイラルに突入していった。

展示会は五稜郭界隈のホテルであった。
前日の搬入から営業4人は気合が入っていた。

「準備が大変だったのに、今日は特別に動きが違うんぞ!」

大きな体のN君は普段からスピードがあるが、一段と速い!汗ダラダラ!!
若干スピード感が低いO君も速い!と唸らせるほどに速い!

それは準備が完璧にできているからだろう。
この展示会は7月下旬に開催したのであるが、展示会をやろうと表明したのは6月上旬であったため、準備期間はわずかに1ヵ月半である。

この期間でテーマを考え、それに基づいてDMや装飾などの準備物を作り上げた。
当然にスピードが要求される!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です