売上が上がらないと悩んでいた営業マンが進化した売上構築方法【箱館物語 その5】

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

函館の市場環境を説明しよう。

函館市は北海道の中でも一番歴史があり、函館市は函館山を始点に「十字街」「駅前大門」「五稜郭」「美原」という4つの商圏がある。その商圏は歴史と共に中心市街地を移転していった経緯があり、「十字街」は明治・大正時代、「駅前大門」は昭和から戦後、「五稜郭」は高度成長時代、「美原」は現在の中心的な商圏となっている。そのため、個々の市街地は歴史を感じさせてくれる街並みである。

そこで、この独特の古い歴史を再認識するために、テーマは「ハコダテ物語」となった。そんなことで、またまたスッタモンダ!の毎日を過ごす中で、誰だったろうか?!

『函館って、昔「箱館」って書いていたんだよな~』

全員が『箱館?!?!?!?!?!?!』

そして、全員が間髪入れず、『コレダ~!』と吠えたのだ!

テーマは『箱館物語』に決定!

今回の合展は「函館」という風土や文化をテーマにしたものであり、函館の歴史認識と合展を連動させることが目的である。そのため、合展のタイトルは「函館」ではなく「箱館」を使うことで参加する販売店や招待するお客様にとっても「面白そうだ!」というイメージが湧き、来場率を上げる可能性がある。

T君、O君、E君、N君、わずが4人の精鋭があ~でもない!こ~でもない!と馬鹿騒ぎしながら考え、その結論が「箱館物語」。

そこで、内容はどうするのか~

テーマだけ決めても招待するお客様にそのテーマで楽しんでもらうには・・・

「箱館」であるなら、「戊辰戦争」だ~。会場は五稜郭!(決~~~まり!)

記念品はどうする??? 
「箱館」といえば、明治12年創業の老舗レストラン「五島軒」を使おう(決~~~まり!)

DMはどうする??? 
当社の製品群と箱館を連想させるように案内状を作ろ~(決~~~まり!) 

我々の格好はどうする??? 
夏だから「Tシャツ」!そして、「箱館物語」のロゴを入れよう(決~~~まり!)

ロゴはどうする??? 
「金はないぞ~」と言われているぞ~~’(明日に続く)

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です