営業マンのスキルアップ手法【実践編】~「引き出し」を多くしよう~

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

「引き出し」を多くしよう

引き出しとは会話のネタであり、それから産み出る知恵・工夫につながる糸口です。

営業は様々な情報から顧客との接点ができ、ちょっとしたことからビジネスになる場合が多い。

それには多くの人との出会いがあり、その多くの人との出会いからどんな情報を引き出すかによって、自分自身の引き出しを多くすることができます。

また、引き出しを多くするとはとにかく情報の収集量を増やすことです。

例えば、本をたくさん読んだ中で何を感じたか!

ショッピングから素敵だな~と五感が動く感性!

また、きれいな女性を見て「付き合ってみたい!」と心が動く感動の心!

こんなことは引き出しを多くさせてくれます。

そのためには勇気を持つことです。

本を読むことも、ショッピングすることも、女性に声をかけることも「感動」する心がないと次のアクションに移行しないわけです。

また、それらの行動はある「意思」を持って行動に移るわけですが、「やってみようか!」という行動力が重要です。

何故なら、その行動がある結果を導くことができる原動力だからです。

つまり、「yes」と「no」という結果を生み出すことからすべてが始まるわけです。

この結果を得ずして退散してしまうと全く意味がありません。

これでは「勿体無い!」としか言いようが無いです。

「引き出しを多くする」とは体験や経験もその一つにであり、実体験ほど多くの引き出しを見つけることができます。

そのために、「チャレンジ!」していくことです。

極論ですが、「ダメ元精神」でぶつかってみることも営業にとってはスキルを高める機会になります。

それも引き出しの一つになるのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です