営業マンのスキルアップ手法【実践編】~計画は思い付きから始まる!~

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

営業は「考えながら活動し、活動しながら考える!」

これ、営業の鉄則です。

風呂に入っているとき、トイレに入っているとき、布団に入ったとき、車を運転しているときなど、「フ」とアイディアが浮かぶときがあります。

これはアイディアであり、単なる思い付きでもあるんです。

この思い付きが計画を組むきっかけになるわけです。

計画は思い付きから始まる!

営業はナンダカンダといつも考え事をしています。

「何故売れないんだ~」「どこの客を攻めるべきか~」「どこから売るための情報を得られるだろ~」「明日は何をするんだ~」「今月のノルマはどこで着地するんだ~」「あの企画を今週中に上げないと!」なんて、様々なことを考えながら活動しているわけです。

全く考えない!なんて人がいたら、営業ではない!と言い切ります。

そんなことを考えていると、ただ単の思い付きが生まれる時があるのです。

そんな時はその思い付きを実行まで結びつける計画を組むことがベストです。

例えば、「あの人だったら何か情報を得ることができるかもしれない!」と思ったとしたら、翌日即アポ取りを行なう。

これは営業の鉄則といえるでしょう。

つまり、グジュグジュ考えて行動しないよりもその瞬間に感じたことや思ったことは行動してみる!

その結果がgood!なのか。ハタマタNG!なのか~

その結果を知るだけでも楽しいものなのです。

また、こんなことも言えるでしょう。

営業活動は「仮説」⇒「実行」⇒「検証」の繰り返し活動なのです。

このサイクルを常に回す活動が営業スキルを上げるコツでもあるのです。

ですから、思い付きなんていうことはある種の仮説なのかもしれません。

その思い付き(仮説)を実行し、その結果を確認することほど面白いことは無い。

売れないという結果だけを見て、何も行動しない!考えない!

ただ酒を飲んで愚痴を言っているサラリーマンでは成長するわけがない!

そんなとき、「フ」と浮かんだ思い付きを素直に実行できる人が営業に向いているのです。

今売れなくても、成績が上がらなくても実行に移すことができる人はその壁を破ることができる人なのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です