松下幸之助 成功の金言『心の改革』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言『心の改革』

本年になりましてからは、この1月10日、本年度の経営方針に付きまして、一応のお話をいたしたのであります。本年は非常に悪い年でありますが、しかし、悪い年やと言っていたずらに引っ込み思案になったり、また意気消沈をしていたならば、悪い年はさらに悪くなる、それではいけない、悪い年というものは考え方によると、非常にわれわれにものを考えさせる年である、また、平生考えられなかったことを考える年である、そういうことになるとわれわれは考えたい。だから非常に悪い年は、同時に心の改革ということが行われて、そしてそれが将来非常な発展の基礎になるんだ、というような意味の話を申し上げたと思うのであります。

そうして考えてみますと、悪い年は必ずしも悲観する年ではない、それは新たに出発するところのめでたい年である、だから皆さんしっかりやってください。今日、不景気なり、その他もろもろの困難に直面はしておりますが、その直面しているということをいらずらに恐れてはならない。むしろこういうときにこそ、すべてにおいてものの考え方を変えて、今まで考え付かなかったものも考え付くことができる、ですから、この不景気を迎えたということは、考え方によると非常に意義のある年である、というようなお話を申し上げまして、皆さんにも良くご了承願い、会社は力強く活動に入っているのであります。

【私見】

企業経営を続ける限り、業績がいい時もあれば悪い時もあるわけです。

その際にどのように対処していくかが経営の難しいところであり、楽しいところでもあると思うのです。

幸之助氏は業績の悪い時ほどチャンスであると言っています。

おっしゃる通りなのですが、小さな零細企業は業績が低迷すると企業経営が成り立たなくなっていきますから、その際は経営のむずかしさを痛切に感じるものです。

しかし、業績が厳しい時ほど次の戦略を考えることが大切です。

しかも、業績が悪い時というよりも悪くなることが予測できた時点で次の戦略や戦術を具体的にしてアクションすることが中小零細企業には重要なことです。

そして、確実に結果を出していくという使命感をもとにアクションしていくと事業は前に進んでいきます。

かつ、そのアクションが心の改革となって業績が悪くなる際の予知や予防となるわけです。

それが企業経営の面白さと思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です