松下幸之助 成功の金言 『眺めてみる』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言 『眺めてみる』

寝ても覚めてもの執念を忘れていないか。コピーひとつでもそう。本当にそれでいいのか、まだ何かできるのではないかーーー。


【私見】

事業とは結果がすべてです。

その結果とは売上であり、利益です。

この2つを得るためには不断の努力の継続が重要です。

そのため、小さなことでも慎重に、そして執念を持て最終判断していくことで。

特に、費用をかけて成果を得ようすると場合はその費用が確実な収益を生むことになるかどうかを精査したうえで決断していくことです。

また、経営者の安易な考えや自分自身の欲求や欲望だけの判断ではないかを自問自答し、慎重に検討することです。

例えば、私は多くの人を採用し組織力を高めながら事業を作ってきましたが、その際の採用の判断が正しいかどうかは何度も何度も熟考したうえで決断しわけです。

ところが、現在において振り返って考えてみるとすべての採用が真剣に考えた結果かと問われると疑問なのです。

つまり、安易に採用したことがあったように思うのです。

その要素は資金的余裕を優先したうえで採用したことがあったからです。

「本当にそれでいいのか」という自問自答があいまいだったわけです。

そのため、企業経営は常に俯瞰的な支援をもって「眺めてみる」という意識を持つ子です。

その上で、何度も何度も「本当にそれでいいのか、まだ何かできるのではないか」を自問自答し決断していくことです。

そのプロセスがその後の企業経営、そして経営者のスキルになっていきます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です