松下幸之助 成功の金言 『臨床の仕事』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言 『臨床の仕事』

実地の経験が、机上のプランを、生きたプランにする。


【私見】

昨日のブログの北海道大学大学院工学研究院の講義は「マーケティングの実務家」という立場で学生たちと対峙したわけです。

その理由は実地の経験こそが彼らがこれから生きるうえで重要な情報と思ったからです。

また、マーケティングの実践を正確に伝える人は少なく、それが私の使命と思うからです。

その考え方に至った要因は今日の幸之助氏の言葉である「臨床の仕事」をこれから実践していく人たちにとって、実務目線で講義することが脳みそにインプットされると思ったからです。

ましてや、非常勤講師としてわずか180分の中でマーケティングというものを伝えなければならないわけですから、インプットする情報量は限られているのです。

であるなら、実地の経験を伝え、彼らの専門分野の中で社会で実践しながら、その際にマーケティングと関連することになった際に脳みそが動いてくれればいいー

つまり、マーケティングという専門分野も深い知識が必要であり、その専門性をすべてインプットすることはできないわけです。

そのため、工学系の専門家の中にマーケティングの基礎知識をインプットしておくことで、マーケティングの専門家とコラボすることで解決策を導くことができると考えるのです。

幸之助氏は基礎知識を踏まえて社会の中で経験したことが実利となると言っています。

私もおっしゃる通りの考え方であり、机上のプランこそ空論に過ぎないと考えるのです。

机上のプランは実践によって検証されるわけですが、そのプランを組み立てる際に「現場なら!」という視点で考えるプランこそ、成功確率を高めることができます。

机上のプランは実地の経験と融合させることで生きたプランになります。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です