松下幸之助 成功の金言 『夢に見るほどに愛する』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

自分は、自分の仕事をとことん愛しているのか。

仕事に自分は愛されているのか。

きょうの夢に、仕事はあらわれているだろうか。


【私見】

SONY時代に40歳を超えて東京本社へ異動となり、新設の部署の責任者として仕事が始まったときは途方に暮れたことを思い出します。

その理由は、営業現場で売り買いの仕事しかしてこなかった人間がいきなり全国目線で戦略を考えることになり、しかもその仕事は新規プロジェクトとしてゼロから立ち上げなければならなかったからです。

スタッフは4名の中、どこから手を付けていくのかさっぱりわからず、営業現場に戻りたいと思い続けていた毎日でした。

それでも仕事を組み立て無理矢理形にしていくと動かしたことがなかった左脳が動き出し、戦略を高めてアクションできるところまで進めていったのです。

その戦略こそが「マーケティング理論」に基づくものであり、そのため学者からマーケティング理論を学んだうえで自社のスキームに合わせた戦略を作っていったことを思い出します。

営業最前線の現場しか知らなかった人間がマーケティング理論という理屈を学んだことで、その面白さを理解したことが現在の事業に生きています。

つまり、愛せなかった仕事が愛せるようになり、そしてそれが現在の生業になっていることが不思議に思います。

そのため、与えられた仕事は納得できるまでやり抜くことです。

それは必ず個人のスキルになるからです。

そして、そのスキルはさらにバケ続けて一生涯の仕事になるかもしれないのですから、与えられた仕事に夢を抱き、そしてその仕事に挑戦していくことが成長の糧になります。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です